I can't live without Traveling

目標は全ての国に行くこと‼︎の旅人日記とあれこれ

テクノロジーを駆使しながら旅をしたら…

私は一昔前の価値観で止まっているので

ホテルはbooking.comとかで予約し、

公共交通機関を使って旅をしている。

それをブログで報告。

(かなり時間が経ってから)


私が把握する範囲の

最新を駆使する若者は

カウチサーフィンやairbnbを用いて

宿を確保し

ある程度の近距離は

uberやそれに似たようなサービスを駆使して

長距離はカーシェアして旅をして

それをインスタやらで報告。

(その場ですぐに)


…してるのかな?

実際はよくわからないが…



トゥクトゥクとか自転車タクシー?とかには

uberは浸透していないが

バイクが多い国は

Grabがかなり浸透していた。

私は自分でそれらのサービスを使ったことはないが

ホテルの人が手配してくれたバイタクは

タクシーの5分の1の金額で利用できた。


印象としては

最新の技術を駆使すればするほど

安上がりな旅ができるのかなと。

あとは交渉の手間が省ける。


タクシーもどんなものも

金額が決まっている国に生まれた私達にとって

値段交渉はかなり面倒。

話のトピックスは値段なのに

うまくいかないと相手の存在に

憎しみが生まれる。

トラブル回避にも

一役買う存在。



わかっちゃいるけど

ステレオタイプをやめられない。

最新にうまく切り替えられるのは

実は途上国と呼ばれる国の人達なのだと

旅中深く感じた。


SIMすら変えずに

wifi追って旅してるのは

しんどかったぁ。。。


ミャワディーヤンゴン(もしくはその途中の街)陸路はミニバンきつい

ミャワディ(ミャンマーの国境の街)から

他の街へ行くにはバスかミニバンの二択。


私の場合は両者同じ値段でミニバンのほうが

出発時間が早く所要時間も短いと説明があったためミニバンを選んだ。

が、

人生二度目の乗り物酔い(※吐いてはない)に

苦しむ結果になった。


私は基本乗り物酔いしない。

でも他人の嘔吐物の臭いで気持ち悪くなるため

吐く人間の確率が高くなるバスを避け

少人数のミニバンにしようと

旅の計画段階から決めていた。


しかし実際は…

道路がボコボコなのか

上下に揺れまくる。

しかもスピード出すから

振り幅が大きい。

不運なことに

シートベルトが無いから

揺れに体をとられる。

…意外にも私以外の誰も酔っていなかった。

(みんなミャンマー人)

私だけ車酔いでグッタリしていた(;´д`)


体を横にしたら

縦の揺れを感じる幅が少なくなるのではと思い寝てみたが

意味無し。。。


昼食休憩に立ち寄ったレストランでは

食欲無くてバナナだけ食べた。

(余談ですが、これが今まで食べた中で1番大きいバナナでした🍌)

そして洗濯バサミに挟まれぶら下がった

酔い止めを購入。

海外の薬、あまり飲みたくないのだけど…


後半はあまり酔いませんでした。

薬が効いたのかわかりませんが

とにかく揺れに負けないよう

何かに捕まって体を固定していたのが

よかったのかと。


復路は恐らく同じ道を

バスで通ったのですが

揺れは気になりませんでした。



他の国でも

ミニバンはかなり揺れて

酔いやすいと感じました。

東南アジアや南米は特に

電車があまりないため車移動が多くなり

移動時間が長く道も悪いので

自身の体調を考えて

移動手段を決めることが

旅全体にとって大切なことだと

改めて感じました。



無理は禁物ですよ。

(お前が言うな‼︎)




帰国後、日本にて物欲と食欲が爆発中

やっぱり日本食は美味い。

酒も美味い。

買い物も楽しい。


揚げ物も歯触り良く

基本脂っこくない。

ナマモノ新鮮。


可愛くて

品質の高い商品が

当たり前のように並ぶ。


天国やぁ〜✨✨


お寿司、マグロ、生ハム(はイタリア産)

日本茶、アイスクリーム、缶ジュース


全ていい塩梅💕


旬があり

カラフルで

たくさんの個性が溢れてる。



日本の物価、

高いと思っていたけど

品質を考えると

高くない。

安全性、清潔さなど考えると

高くない。


日本ってすごいな🤩


今回何でこんなに日本が輝いて見えるのだろう…?



42か国目 ミ…

ミャンマー‼︎


よく写真で見るバガンのパゴダに憧れて

興味があった国。


行ってみて思ったのは…

パゴダ見飽きた(苦笑)



人の優しさの質が

他の国と異なりかなり違和感を感じた。


まだ観光地化されていないと聞いていたが

外国人を対象にした観光ビジネスは

確立されているように感じた。


想像以上の交通渋滞と

食べ物…美味しくない印象。



行ったことは経験として残るが

また行きたいとは思えない。今のところ。

私の中ではそんな位置付けです。



多分、有名都市より

田舎の方が良い思い出が作れそう。。。

大都市?は

渋滞とクラクションと汚れた空気で

イライラします。


他にもイライラすることが多く

私とは相性悪かったです( ̄▽ ̄;)


バリ島の可愛い服はその場でゲットせよ‼︎なぜなら…

バリ島とジャワ島は同じインドネシアの国だが
宗教の違いなどから服装も食べ物も違う。

バリ島の宗教はバリヒンドウー。
ヒンズー教だが豚肉は食べる。
寺院ではサロンを巻かなければならないが
普段着は薄着や露出の多いものでもいい。

ジャワ島はイスラム教の人が増えるから
ヒジャブをつけた女性が多い。
服装はあまり露出の少ない洋服。
豚肉を提供する店は私は見かけなかった。
立ち寄ったラーメン屋のチャーシューも
鶏肉だった。

バリ島で見かけた
ワンピースなどが柄もデザインも可愛く
日本人好みだった。
買い損ねてしまったので
ジョクジャカルタで買おうとしたら無かった。
あるのはものすごくキッチリとした伝統衣装でリゾート感ゼロ。


日本では基本
宗教に左右されることがないから
不思議な感覚。



バリ島で可愛い服を見つけたら
その場で買いましょう‼︎
ジャワ島では買えません。


結果…買い損ねた( ;∀;)
私の失敗を昇華すべく
他の人にはリゾートな可愛い服で
バリを満喫して欲しいっす。

帰国しました

出発地からバスとトゥクトゥクと飛行機を一回乗り継ぎ丸2日かかりました。

髪はボサボサで顔は脂ぎってます。

いつもこんな感じなんですがね…

長い旅のあとは。


貧乏バッグパッカーの

緻密な計画なき旅は

ストレスフル…。


お金と時間に余裕がある

トラベラーになりたい。



…大好きな釜山に

数日行けたらいいの╰(*´︶`*)╯♡


にしても

お金を稼げる人間になりたい。




途上国の人から見たら外国人はみんな金持ちで

低予算ゆえに節約したいことが

ただのケチみたいに思えて苦しかった。


欲しいものを適正価格で買いたいのに

値段がついていないから

それを聞いて交渉…

というのにも疲れた。

安く買えてよかったという

満足感は得られないから。

しつこく言えば

もっと安くなったのかとか

いろいろ考えてしまう。




もうホントにお金のこと考えたくない‼︎









37歳の幕開けはカオス…

今日はただ観光してました。

そして、夕飯は奮発して日本食レストランで食べ

カフェのケーキでお祝いしようと思ってましたが…


結果、同じホテルのタイに住むフィリピン人とフランス人、そして彼らが声を掛けた現地の女性と旅人のポーランド人女性と過ごした。

ただビール飲んでただけですが。


その後、お腹が空いていなかったため

カフェに行きケーキを食べると

徐々にお腹が空き

軽食を食べようと昨日も行った店に行くと

日本人に声をかけられ

別の店で一緒に食事をした。


…と、まぁ悪人は1人もいない

むしろ皆さん優しいわけですが…



人間が濃すぎて消化不良(´Д` )



今までに出会ったことのない人種すぎて

気持ちが追いつかない。

明らかに私とは次元が違う世界にお住まいという感じ。

パリピ…

マリファナパーティー系の。。。



この国はカオスや。