I can't live without Traveling

目標は全ての国に行くこと‼︎の旅人日記とあれこれ

43カ国目、ラオスはオススメの国(๑>◡<๑)

内陸で目立った産業も名物もないラオス

あまり期待していなかったのだけど…

これまで旅した中でもかなり上位に入るくらい

かなり良い国でした^ ^



アジアらしく物価が安いけれど


アジア特有の交通渋滞はあまりなく


人がしつこくない!



これだけで旅の快適さはかなりのもの✨



今回はビエンチャン、バンビエン、ルアンパバーン へ行きましたが

ルアンパバーン が特にお気に入り!

もっと長居したかった。。。


オススメポイントなど

いろいろアップしていきますねー🤗

こんなところでドラえもん

ミャンマー語に翻訳された 

日本の名作ドラえもん


f:id:ilovetraveling:20171216211342j:plain


「暗記パン」の回。


アニメを通して

日本人以外の人には

日本文化はどのように映るのだろう?




ライター死守

ここまでして

盗まれたくないのか

目立つようにしているのか

わからないけど…


f:id:ilovetraveling:20171215202150j:plain



ミャンマーのサービスエリア?で見かけた

コンクリートで固められたライター…


そこまでする⁈



それにしても

東南アジアは喫煙者が多い。

タバコも安いしね。



ミャンマー人推薦の観光地

インレー湖の宿のオーナー夫婦がタウンジー出身で

タウンジーをとても推していた。


理由としては

あまり観光地化されておらず

自然が多いこと。

いろんな国のレストランもあるが

あまり高くないとのこと。


タウンジーといえば

近くにカクー遺跡がある。

日本人とフランス人がよく行くらしいが

基本マイナーらしいため

タクシーのチャーターではないと行けないらしく

私は諦めたが

いつか行ってみたいなと思う。

すぐじゃないけど😜



ミャンマーの大きい街は

あまりにも交通渋滞がひどく

うるさいし空気が汚いけれど

田舎は静かで良い感じです。





世界のお茶38 ミャンマーの緑茶

ミャンマーでは

街中の食堂へ行くと

無料のお茶がセルフサービスで飲める。

日本みたいだね^_^

海外だと水も有料だからね。。。


はっきり言って

そのお茶を美味しいと思わなかった。

でも無料だし

何かを食べたあとで持参のペットボトルに口をつけて水を飲みたくないので

よくそのお茶を飲んでた。


グローサリーショップで見かけた

茶葉は何と500チャット。50円以下⁉︎

激安。


f:id:ilovetraveling:20171213145050j:plain


味はやっぱり

美味しくはない。

けれど懐かしい思い出の味。


ミルクティー以外

ミャンマーで感動した食べ物(飲み物)

やっぱり思いつかない。。。

世界のお茶37 ミャンマーミルクティー

私の旅はお茶ありき。


ミャンマーのミルクティーは

濃く抽出した紅茶にコンデンスミルクやエバミルクを入れたもの。

日本にあるもので作れるかな〜と思い

茶葉などは買わず

インスタントだけどおいしい

このパックを買ってきた。


f:id:ilovetraveling:20171212213514j:plain



一袋10円程度。

甘いけどチャイほど甘くない。 

クセもない。

ミャンマーミルクティーはかなり

お気に入りです。


ヤンゴンの有名なオシャレカフェで飲んだ

アイスミルクティーが美味すぎた(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



f:id:ilovetraveling:20171212214437j:plain


お店の名前はラングーンティーハウス。

観光客しかいません。

めっちゃ混んでました。

地元の食堂より癖のないモヒンガーが食べられるとのことで食べてみたけど

モヒンガー自体が多分美味いものではないのかな…



街中のレストラン?食堂?でも

何度か頼みました。

値段は50〜70円くらい。

ミャンマーミルクティーはミャンマー語で"ラペイエ"といいます。

甘さの好みを一緒にオーダーするらしいが

単語自体覚えられず( ̄▽ ̄;)

しかも最初は

スプーンでかき回してから飲むことを知らなかったから

随分苦い紅茶だなーと思いながら飲み進め

最後にコンデンスミルクだけ出てきて

飲めたもんじゃなかった。。。



ちなみに写真上のインスタントは

Amazonでも買えますが

ミャンマーの10倍の値段( ̄▽ ̄;)

飲み切ってしまったら

自分で作ってみようかな。。。



参考までに。

私がミャンマーで買ったのは30袋+3袋で2700チャットだった。

…日本円で225円⁈


もっと買ってくれば良かった〜orz





ミャンマーの夜行バスレポート(利用した2社だけ)

旅の計画を立てている時、

ミャンマーの夜行バスで1番評判が良い

"JJ EXPRESS"という会社をよく目にした。

是非とも利用してみたいと思っていたが

ヤンゴンバガン間でも

他のバス会社と比べて3割以上高いため乗ることは無かった。。。

JJ EXPRESSを諦め

ホテルで予約してもらった 

チケットがこちら。


f:id:ilovetraveling:20171211174346j:plain


席は1人掛けで楽だったけど

冷房効き過ぎでクソ寒かった😷


ミャンマーの夜行バスは飲み物とかサービスがあるのを知っていたので期待していたが…

午後9時出発なのに

出発直前に紙コップのコーヒーを配られた。

この時間に…?

しかもコーヒーのみ。

他の選択肢無し。

案の定、ほとんどの乗客が受け取らなかった。

食べ物は持ち帰りのバーガー用のスチロール製コンテナに入ったサンドイッチ。

しかもピーナッツバターとかジャムの甘い味のみ。

…食べたくもないし食べる機会も無いし

車内に放置してきた。


全くもって客のニーズを把握していない

バス会社でビックリした。

ミャンマー人には好評なのかな?



マンダレーからインレー湖へ移動した際の

バスチケットはこちら。

街中のチケット会社で自分で買った。


f:id:ilovetraveling:20171211175450j:plain


こちらの会社は

お水と普通に美味しいマフィンとパンがもらえた。

バスは相変わらず寒かったけど。。。


こういった夜行バスは外国人観光客が多いため安心して乗っていられるが

普通のバスは現地の人が多く

みんな吐くので地獄。

三半規管弱いのかな…。


ミャンマーはものすごーくたくさんの

バス会社があります。

バスターミナルは会社ごとに分かれていて

基本会社の前にバスが停まってるので

探すのがメチャ大変です。

(ミャンマー語の看板だと見つけるのは困難なので人に聞いたほうが早い)


あと、バスターミナルに行くまでの時間も

交通渋滞でかなりかかります。。

しかも運転が荒いため

普通の市バスで酔ってしまうくらい

しんどい…。


救いは

ミャンマー人のみんなが優しいことですかね。