I can't live without Traveling

目標は全ての国に行くこと‼︎の旅人日記とあれこれ

沈没してます

予定変更したらうまくいかなくなり

理由もなく沈没することに…。


※沈没…バックパッカー用語で居心地の良い場所に目的も無く長居すること。(みたいな感じ。)


今の宿のいいところは

シャワーが熱くて勢い良いこと。

安いし。


ご飯は美味くて安いけど

ここにいる理由が全くない。。。


することがないので

過去を思い出して後悔して

自分を責めるばかり。

意味ないわぁ。。。


沈没…

まさに凹んでます。




旅人友達いないので1人ビール

英語に対するコンプレックスが強い

プライド無駄に高い系のため

基本的に外国人旅友達はできません。

日本人ともつるみたくないので

やっぱり1人。


お酒は誰かと飲まないと酔えないので

旅中はあまり飲まないけど…

自分用のお土産を買わない代わりに

経験にお金を回しているので

その国のお酒を飲むようにしてます。


340mlのビール

誰かと飲んだら残す量。

でも確実に酔っ払う量。

…1人だとほぼシラフ。



男は断りなく体触ってきたり

触る目的でマッサージしてあげるとか

キモいこと言ってくるし…

ホント嫌だ。


女は私より若い子ばかりで

気後れする。

ツイッターもやってない

Facebookも放置の

中年おばさんには

眩し過ぎるよ。。。


寂しいのは寂しいので

親とLine電話してます。






格差とか運とか幸せとか

日本にいたら私個人は低所得だが

海外旅行はできる。


毎日重労働しても

一生海外に行けない国の人もいる。


私は順風満帆な人生ではない。

けれど学校を出て

働き

健康で

贅沢を言わなけばない物はない。


ただ私よりお金がなくても

学歴がなくても

ハンディキャップがあっても

幸せな人はたくさんいる。


幸せは何かを持っているから

優れているから

裕福だから感じるものじゃない。


今は

美味しいものに出会ったり

愛情を注いでくれる人達がいることが

幸せに繋がっている。


最近美味しいものとの出会いが多い^ ^

日本食も好きだけど。



For good karma

宗教色の強い地域は特に

貧しい人や体の不自由な人に施しを与えることが多い。

ある人は「For Good Karma」って言ってた。

でも自分のカルマのためというよりは

生きているもの同士が

分け合って支え合って助け合っているだけのように思えた。


日本人も災害時は

見返りを期待することなく助け合っている。

でも普段からそういう環境にいないから

板にはついていない。


私は人に与えられずにいた。

でもそうではなくて

拒否されるのが怖くてできなかった。

全く見返りを期待せずギフトとして渡そうとしても拒否されて…

その理由がわからないからできなくなってた。


でも私もいっぱいオファーを拒否してきた。

何を返せば喜ぶのか

受け取ってもらえるのか

わからなかったから。

何かを期待されるのがいやだったから。


よく

「お金を貸すときは返ってくることを期待せずあげたと思え」

って言う人がいる。

私はそれができなかった。

お金を貸してと言われた時点で

その人を信じられなくなるから。

大概関係が浅い人間に言われるから

別に縁が切れてもいいけど。

向こうもそういう気持ちで

貸してと言ったのだろうけど。


お金がどう必要なのか

そしてそれが活きた金なのか

はっきりさせて自分が納得しない限りは

渡したくない。

誰のためにもならないから。

でもお金は基本誰にも貸さない。



でもケチケチしていると

お金が回らなくて

出ていく金額も入ってくる金額も減る。

自分に出し惜しみすると

出し惜しみした分他でマイナスになる。

そんなことを身をもって感じた

ここ数日です。

たびのひとりごと(よまなくてもいいよ)

言葉が通じないのか

気持ちが通じないのかわからない。


疑っているわけではなくて

理由がわからないから聞いているのに

「疑うんだったらもう知らない」とか

「騙すつもりはない」とか

「みんなに聞いてみろ」とか言ったり

要らない情報をペラペラ話してくる。


超ウザい。


私の気持ちが伝わらないのは

私が素直に気持ちを伝えてないからだろうか。


いつからかわからないが

自分を攻撃して嫌って否定して

価値が無いと思い込んでいた。

そうしたら他人も受け入れられなくなってた。


私という人間自体が嫌いな人もいれば

日本人が嫌いな人もいる。

女が嫌いな人もいるし

外国人が嫌いな人もいる。


人を笑顔にしたくて行ったことが

誰かの迷惑になることもある。

頑なにルールを守ることで

小さい幸せを拒否することになる。

タイミング悪く起こったアクシデントで

悪気はないのに悪者になることもある。


大切なのは

不測の出来事が起こっても

それに振り回されないこと。


振り回されて悩んだり

必要ないのに自分を卑下したりする

時間がもったいない。

人生の一瞬にしか関わらない人間や出来事に

人生を潰されてたまるか。






インドネシア人のオススメはバリではない

空港で出会ったシンガポールに住むインドネシア人の女性と話をした。


彼女のオススメはバリではなく

コモドドラゴンのいる島だそう。


自然がそのままで

コモドドラゴンを間近に見ることができて

珍しいピンクの砂浜の海岸が見られるという。


…次回はそっちに行くぞ(*´∇`*)


あ、コモドドラゴンが見たくて

ジャカルタの動物園へ行ったのだけど…

コモドドラゴン一匹ポツンといて

首から上しか動かなかった。

でも、私の視線を感じ取ったのか

舌をシャーシャー出してくれて

嬉しかった^ ^



f:id:ilovetraveling:20171106131900j:plain


敷地が広いので

自転車レンタルした。(1時間100円くらい)

でも、体調悪くてすぐダウンして

すぐ帰りました。。。


動物園に行くと

毎回可哀想と思ってしまう。

食べることには困らないけど、

思い切り走れるスペースはない。


自由と安定

その丁度いいバランスを得られたら

いいのにね。






ジャカルタのモナス(独立記念塔)値上がりしてた!

時間があったのでモナスに行ってみた。

地図上だと四方から敷地に入れそうに見えるがそうではない。

北東にある門(ガンビル駅近く)は

開いていない。

駅が目の前にあるのに

ゲートを開けてくれない理由がわからなくて

駄々をこねたら

他のゲートまでバイクで送ってくれたが

遠回りして同じゲートの外側をスルーした時

この無駄な労力と時間を思うと

切なくなった。


モナス入り口はモナスの下からではなく

向かい側にある地下から入り

チケット売り場まで行く。


看板には入場料15,000ルピアと書いて

あったが、「30,000ルピア」だと言われた。

チケットブースのガラス窓に紙が貼ってあり

値上がりした模様。


300円くらいなら安いもんだけど

中に入るのはやめた。


敷地内に入るゲートは

どのバス停からも遠いです。

中心まで距離がある。

マーケットがあるところからも入ることはできるけど

ゴミ置き場が死ぬほど臭いので

道を外れぬようお気を付け下さい。



2017年10月現在の情報です。