Beautiful World

ゴミのない世界が見たいと願う旅好きのブログ

心に残っている授業

高校卒業後

語学系の学校に進学し

授業はつまらないし人間トラブルもあり

夏休み前には辞めたいと思っていた。

イヤイヤ卒業した学校だが

1番好きだったのは"比較文化"の授業だった。


イスラム教の人は信仰が厚く

日本人とは異なる価値観を持ち

生活も違う…

1日に5回もお祈りとか

1ヶ月近い断食とか

現実に思えなかった。

しかし何年か経ち海外に出て

授業で習ったことを目の当たりにして

本当に存在するということに

感動した。



英文法とか今でもわからないし

シェイクスピアとか理解不能だったし

比較文化をもっと掘り下げるために

進路変更したらよかったな。。

ただ英語もそうだけど

好きなことや興味がある分野が

わかっていても

勉強したその先までは考えられないから

…仕事にできるって可能性が見えないと

何のために学ぶのか見失ってしまう。


シンガポール人の

ムスリムの友達が家族と

連れて行ってくれたレストランは

たしかに豚肉は出なかったし

基本パクチーが入っていて

あまり食べられなかった…


モン・サン・ミシェルから

近くの集落までは

徒歩だと大変だとわかったし


カッパドキアには

観光客を騙すツアー会社が普通にいるとか

行かなきゃ知らなかった。



知らないことを知ることが

勉強で

楽しいから

やれる。


つまんなくて苦しいだけの

勉強を強いる学校は

やはり好きではないな。。。