Beautiful World

ゴミのない世界が見たいと願う旅好きのブログ

義理チョコと位置づけず感謝の気持ちを込めて贈ろう。全ての人に。

今年は職場の人たちに個人的な差をつけず

同じものを渡しました。

お返しは無くてもいいと思っているので

手軽な金額で愛とか義理とか感じない

モノを選んだつもりだ。


お世話になっている度合いは個人差があり

仕事でサポートしてくれる人もいれば

食事や飲みで奢ってくれる人もいる。

お酒をくれた人もいたり。

でも、今の職場の人達は

基本的にみんな優しくて

悪人はいないし

とにかく感謝の気持ちを込めて

贈り物ができる機会だと思って

お菓子を渡した。


独身とはいえ37歳の中年が

中途半端な値段のチョコをあげても

迷惑なだけかなとか

実はかなり悩んだ。

私は個人的にはお菓子作りが好きなので

手作りにしようかとか(しなくて正解だった。。)

ドリップコーヒーをつけたりしようかとか。


だけど最終的な答えとして


「私もチョコをあげることで女としてバレンタインを楽しみ、

男性も男としてバレンタインを楽しんでくれたらいい」


という考えに行きついた。


感謝チョコとはいえ

渡せる相手がいることに幸せを感じつつ

2018年のバレンタインを終えます^_^