Beautiful World

ゴミのない世界が見たいと願う旅好きのブログ

ミャンマーの夜行バスレポート(利用した2社だけ)

旅の計画を立てている時、

ミャンマーの夜行バスで1番評判が良い

"JJ EXPRESS"という会社をよく目にした。

是非とも利用してみたいと思っていたが

ヤンゴンバガン間でも

他のバス会社と比べて3割以上高いため乗ることは無かった。。。

JJ EXPRESSを諦め

ホテルで予約してもらった 

チケットがこちら。


f:id:ilovetraveling:20171211174346j:plain


席は1人掛けで楽だったけど

冷房効き過ぎでクソ寒かった😷


ミャンマーの夜行バスは飲み物とかサービスがあるのを知っていたので期待していたが…

午後9時出発なのに

出発直前に紙コップのコーヒーを配られた。

この時間に…?

しかもコーヒーのみ。

他の選択肢無し。

案の定、ほとんどの乗客が受け取らなかった。

食べ物は持ち帰りのバーガー用のスチロール製コンテナに入ったサンドイッチ。

しかもピーナッツバターとかジャムの甘い味のみ。

…食べたくもないし食べる機会も無いし

車内に放置してきた。


全くもって客のニーズを把握していない

バス会社でビックリした。

ミャンマー人には好評なのかな?



マンダレーからインレー湖へ移動した際の

バスチケットはこちら。

街中のチケット会社で自分で買った。


f:id:ilovetraveling:20171211175450j:plain


こちらの会社は

お水と普通に美味しいマフィンとパンがもらえた。

バスは相変わらず寒かったけど。。。


こういった夜行バスは外国人観光客が多いため安心して乗っていられるが

普通のバスは現地の人が多く

みんな吐くので地獄。

三半規管弱いのかな…。


ミャンマーはものすごーくたくさんの

バス会社があります。

バスターミナルは会社ごとに分かれていて

基本会社の前にバスが停まってるので

探すのがメチャ大変です。

(ミャンマー語の看板だと見つけるのは困難なので人に聞いたほうが早い)


あと、バスターミナルに行くまでの時間も

交通渋滞でかなりかかります。。

しかも運転が荒いため

普通の市バスで酔ってしまうくらい

しんどい…。


救いは

ミャンマー人のみんなが優しいことですかね。